マンションでの防犯対策1

マンションでの防犯対策1

マンションでの防犯対策で、まず行う事はマンションそのものを選ぶことです。防犯対策を考えたマンション選びとは、大きくは以下の二つを指します。マンションの防犯対策の参考にされてください。


防犯対策1 : マンション選びのポイント


マンションのエントランスや廊下、ベランダは明るく見通しがいいか

マンション 防犯

マンションの防犯対策において大切な事は、見通しの善し悪しと明るいことが大切です。また、マンションの防犯対策としてはエントランスやエレベータなどに防犯対策用のカメラが、設置してあるのか?防犯対策として設置してあるのであれば、マンション内の「どこに」に「いくつ」あるのか、マンション内に死角になっている危険な場所がないかもしっかりと確認するようにして下さい。


犯罪は人目につきにくい場所で行われる確率が高いです。防犯対策として、マンションの防犯対策設備の確認を怠らないこと。


■オートロックかどうか


マンションの防犯対策としてオートロックはやはり有効です(但しオートロックだからといって油断は禁物です)。マンションの防犯対策としてのオートロックは正面玄関は当然ですが、意外と盲点になりやすいのが、非常階段の出入口です。そのため、マンションの防犯対策では非常階段の出入口や自転車通用口など、正面玄関以外でマンション内に通じているドアが、オートロックになっているかも確認しておくことも防犯対策上重要なことです。


■隣人はどのような人であるか


これはマンションに限ったことではありません。防犯対策というよりも、もはや常識です。自分が入居するマンションの部屋の少なくとも上下とお隣さん、出来れば同じフロアの住人について、不動産業者や管理人にさりげなく聞いておくことはマンションに住む上での防犯対策上有効です。。男性か女性かだけでなく、独身か既婚者か、騒音を出さないかどうかなどの点です。また、意外と忘れやすいのが前の住人が出て行った理由(転勤、トラブルなど)を確認しておくことも大切です。近所とのトラブルが原因であれば、防犯対策の根元を断つ意味でも、そのマンションは見送るのが賢明でしょう。


■近隣の家から覗かれる心配や、電柱、大きな木からの侵入は考えられるか?


女性であれば覗きに対する防犯対策は必ず考える必要があります。マンションでいえば近隣からベランダの窓越しを通じて、部屋の中を覗かれる心配がないかを確認しておくことはマンションの防犯対策上も有効です。


マンションの管理人はどこにいるか

マンション 防犯

マンションの防犯対策では、不審者がマンション内への進入を防止することが大切です。その為には常駐している管理人がいれば、防犯対策としての効果はアップします。万一の時に備えて、マンションの防犯対策体制やマンション管理人の所在及び所在時間などについて確認しておくようにして下さい。